1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
 
なりたいのは

僕たちは何にでもなれる。
強さを目指している格闘家、
自分のリズムをもっている音楽家、
誰かを心から楽しませるサーカスのピエロなど、
楽しく空想しながら、夢がひろがる絵本。
さて、君は何になりたいのかな?

 
せかいは ふしぎで できている!

3歳になるまで、一言もしゃべらなかったエイダは、じーっとまわりの世界を見ていました。
「どうして?」
最初の一言が口からこぼれたら、エイダの質問はもう止まりません。
でもね、りっぱな科学者たちはみんなエイダと同じだったのです。

 
シロクマのしゅくだい

宿題で北極について調べることになったソフィーのもとに、シロクマのオラファーがやってきました。オラファーと北極に行くことになったソフィーは、シロクマの好きな食べ物や氷の下にいる動物たちなどについて学びます。
歩き疲れて流氷の上で眠ってしまったソフィーとオラファーは、氷が溶けてどんどん流されてしまいます。その時ソフィーが…。

 
しんごうきょうだいのにちようび

しんごうたちの楽しみは、週一度の日曜日の歩行者天国。
この日は仕事を休んで、16人みんなでお出かけします。
映画館やデパートに行ったり、床やに行ったり…。
でも、どこに行ってもうまくいきません。
すっかり疲れてしまった、しんごうたち。
その時、“トントコポンポン トントコポンポン”と
どこからか楽しい音が聴こえてきました…。

 
じてんしゃ がしゃがしゃ

誕生日に自転車を買ってもらったゆうたは、毎日がしゃがしゃ補助輪をつけて走ります。
お父さんといつか補助輪をはずす内緒の約束をしました。
ところが、お父さんは仕事で遠いところに行ってしまいます。
お父さんとの約束を守るゆうたは、友達が補助輪をはずして乗れるようになっても、お母さんが一緒に練習しようと言っても、補助輪をはずそうとしません。
そして、お父さんが帰ってきたゆうたは…。

 
としょかんへ ぴょん!ぴょん!ぴょん!

うさぎは、本が好きでした。
夏が終わると、「おはなしのじかん」は、図書館のなかで行うことになりました。
うさぎは、図書館に入れないとあきらめたものの、毎日本のことばかり考えていました。
そしてある晩、考えがあっていえを飛び出しました。
もちろん向かった先は…。

 
しっぱい なんか こわくない!

ロージーは、世界一のエンジニアになりたいおんなのこ。ほかのひとにはゴミとしか思えないものでも、ロージーにはおたからです。「ホットドッグせいぞうき」「ふうせんパンツ」「ヘビたいじヘルメット」ロージーは、これまでもたくさんのユニークなメカをつくってきたのですが……

 
だれもしらない バクさんのよる

この絵本何が凄いかって、話はもちろん面白いのですが、
なんといってもボールペンで描かれていることです!!
もちろんボールペン画ですので、原画はモノクロですが
絵本用に作家さん自らパソコンで着色しました。
はじめてとは思えないくらい細部まで
見事に色を付けてくれました。 
ぜひ手に取ってご覧ください!

 
とっておきのカレー

カレー好きなおじさんがいる一軒の山小屋。そこに泊まりにくる子供たちもカレーが大好き。おじさんはそんな子供たちに、今までカレーを食べに来た珍客の話を始めます。カモシカやふくろう、そしてついには宇宙人まで!!

これはおじさんの作り話?それとも…